スポーツ

メイウェザーのファイトマネー最高額は?ランキングや年収推移を紹介

Pocket

今回は、メイウェザーのファイトマネー最高額は?ランキングや年収推移を紹介についてお送りしていきます。

元5階級制覇のボクシング世界チャンピオンで、50戦無敗の伝説の最強ボクサーメイウェザー選手。

ボクサーとしての強さのみならず、金の亡者とも呼ばれる程ファイトマネーを稼ぐことで有名です。

世界のスポーツ番付として、最もお金を稼いでいる選手としてもトップクラスなんだそうです。

そんなメイウェザー選手が試合で稼いだファイトマネーの最高額は一体いくらなのか気になりますよね。

そこで今回は

✅メイウェザーのファイトマネー最高額
✅メイウェザーのファイトマネーランキング
✅メイウェザーの年収推移

の内容についてまとめています。

メイウェザーのファイトマネー最高額が知りたい方はぜひ、最後までご覧になっていってくださいね!

それでは見ていきましょう♪

 

メイウェザーのファイトマネー最高額は?

メイウェザー選手が稼いだファイトマネーの最高額は、2015年5月2日にアメリカ・ラスベガスで行われた、メイウェザーVSパッキャオのボクシング世界ウェルター級王座統一戦の144億円です。

この試合は12ラウンド、36分で行われたので、1分に換算するとなんと4億円もの額になります。

もう信じられないレベルの額ですよね!

異次元過ぎます!

当時すでに、「WBC世界スーパーフェザー級、WBC世界ライト級、WBC世界スーパーライト級、WBC世界ウェルター級、WBC世界スーパーウェルター級」の5階級を制覇して、47戦26KO全勝のメイウェザー選手と、6階級の世界タイトルを獲得していたパッキャオ選手の世紀の一戦でした。

ボクシング選手のスーパースターである両者のどちらが強いのか、全世界が注目のビッグマッチとなった結果、700万円のリングサイド席のチケットも15分で完売したそうです。

 

自宅や生活ぶりがやばい!

異次元のレベルのファトマネーを稼ぐメイウェザー選手はさすが、自宅やその生活ぶりがやばいんです!

ラスベガスの豪邸は、ベッドルーム7部屋、バスルーム9つ、ジムや映画館、プールまである他、20~30棟もの豪邸を所有しているそう。

その他、高級車で有名なロールスロイス、フェラーリ、ベンツ最高クラスのマイバッハ、ファントムなど、実に100台以上の愛車があります。

さらにさらに、プライベートジェット機も4台所有しているそうです。

本当の成功者しか分からない世界ですよね!

また来日された際には銀座で1000万円以上の爆買いをしたとも言われていますが、もはや一般市民とは違う金銭感覚なのかもしれないですね。

 

メイウェザーのファイトマネーランキングは?

金の亡者と呼ばれるほどファイトマネーを稼いできたメイウェザーですが、先程のファイトマネー最高額に加えて、ランキングはどうなっているのでしょうか?

ここからは、ファイトマネーランキングをトップ3形式でご紹介していきます。

それでは見ていきましょう!

 

メイウェザーのファイトマネーランキングトップ3

メイウェザーのファイトマネーランキングトップ3をご紹介します。

1位:VSパッキャオ:約144億円
2位:VSコナー・マクレガー
約110億円
3位:VSローガン・ポール(登録者数2300万人世界的YouTuber)
約100億円

この3試合だけで、350億円以上ものファイトマネーを稼ぎ出しているんですね!

これだけの額のファイトマネーを稼ぐまでには相当なボクシングの練習や努力を積み上げてこられたのだと思います。

ファイトマネーが凄いのはもちろんのこと、やはり極限まで一つのことを突き詰めてこられた一流の方はかっこいいなと感じますね。

 

朝倉未来とのファイトマネーはいくら?

9月25日(日)にさいたまスーパーアリーナで行われる、朝倉未来VSメイウェザーのファイトマネーは21億~29億円以上と発表されていました。

2018年に行われた那須川天心選手との試合は、約11億円と言われているので今回はその倍以上のファイトマネーとなりそうです。

それだけ今回の試合も注目されているということですね!

また、今回の試合が決まって6月14日に行われた記者会見では、30分で約2億円ゲットしたんだとか。

これに対して、「イージー・マネー会見」というタイトルが付けられていました笑

メイウェザー選手にとっては、日本でのエキシビションマッチは良いビジネスチャンスになっているのかもしれませんね。

 

メイウェザーの年収推移を紹介

メイウェザーの年収推移の参考として、過去のファイトマネーの推移をご紹介します。

・1996年(プロデビュー戦)VSロベルト・アポダカ:約25万円
・2007年VSオスカー・デ・ラ・ホーヤ:約12億円
・2011年VSピクター・オルティス:約30億円
・2013年VSロパート・ゲレーロ:約38億円
・2013年VSサウル・アルパレス:約41億円
・2017年VSコナー・マクレガー:約110億円

これを見ると、年々ファイトマネーの額が上がっていることが分かります。

日本での新人C級ボクサーの相場が、3~4万円と言われているので、メイウェザー選手のデビュー戦の約25万円は高い方だと思います。

コナー・マクレガー選手は元UFC世界ライト級王者とフェザー級王者で、UFC史上初の二階級同時王者となっています。

総合格闘技選手としてスーパースターなので、約110億円ものファイトマネーが発生する試合となっていますね。

直近の年収だと、100億円以上となっていることが考えられますね。

 

メイウェザーのファイトマネー総額は?

メイウェザー選手が稼いだファイトマネーは1000億円越えと言われています。

もうなんというか、桁が違いすぎて思考停止になってしまうレベルですよね笑

日本チャンピオンクラスのプロボクサーの平均年収は300~500万円と言われていますが、やはり人気プロボクサー、世界的スーパースターなだけあって、ファイトマネーのスケールが凄いです。

今後さらにどこまでファイトマネーを稼ぎ続けるのか、気になりますね!

 

スポーツ長者番付1位!

スポーツ界では、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手やリオネル・メッシ選手、ゴルフのタイガー・ウッズ選手など、有名プレイヤーを想像する方も多いと思いますが、それらの選手を抑えてメイウェザー選手はスポーツ長者番付で1位となっています!

しかも、歴代年間収入スポーツ選手としても、NBAの伝説プレイヤー「マイケル・ジョーダン」を抑えての歴代1位を記録しています。

もう凄すぎますよね!

逆にメイウェザー選手を超えてくるスポーツ選手が今後出てくるのか気になります!

 

まとめ

今回は、メイウェザーのファイトマネー最高額は?ランキングや年収推移を紹介についてお送りしてきました。

いかがだったでしょうか?

メイウェザー選手のファイトマネー最高額は、パッキャオ選手との試合で約144億円でした。

金の亡者と言われるだけあって、スポーツ長者番付でもランキングトップに君臨しています。

今回の朝倉未来VSメイウェザーでも、20億円以上のファイトマネーを稼ぐとのことでした。

今後どこまでファイトマネーを稼ぎ続けるのか楽しみです!

それでは、9月25日(日)は世紀の一戦を楽しみに見ましょうね♪

以上、メイウェザーのファイトマネー最高額は?ランキングや年収推移を紹介について最後までご覧いただきましてありがとうございました。

少しでも参考になれば嬉しいです!