スポーツ

那須川天心と武尊の体重差と階級は?どっちの重量が試合に有利?

Pocket

こんにちは、あっきーです!

今回は、那須川天心と武尊の体重差と階級は?どっちの重量が試合に有利?についてご紹介していきます。

今現在、格闘技界で最も注目されているといっても過言ではないのが、6月19日(日)「THE MATCH 2022」東京ドームで行われる那須川天心対武尊の世紀の決戦です!

そこで一つ注目されているのが、両選手の体重差による試合ルールです。

お互い普段とは違う階級なので、この体重差が試合結果を左右する可能性も見込まれます。

また、天心選手と武尊選手のどちらの重量が試合に有利なのかも気になる所です。

そこで今回は、那須川天心と武尊の体重差と階級は?どっちの重量が試合に有利?と題してお送りしていきますので、ぜひ最後までご覧になっていって下さいね!

 

那須川天心と武尊の体重差と階級は?

那須川天心選手は通常体重が約63kgで、適正体重が55kg、現在はRIZE世界フェザー級(57.5kg)となっています。

この適正体重は、2021年2月に行われた史郎選手との再戦時における契約体重で、本人いわくベストな体重とのことです。

対して武尊選手は通常体重が66kgで、適正体重が60kgK-1 WORD GPスーパーフェザー級(60kg)となっています。

普段の体重差だけで見れば、3kgほどなのでそこまで大きな差はありませんが、試合をする際の適正体重は5kgも差があるので結構大きいです。

体重だけ見ると、そこまで変わらないのではないかと思ってしまいますが、格闘技界においての体重差というのは、打撃の重さも変わってきたり技術面以外でも差がでやすいのだと思います。

 

他の試合での階級

        那須川天心
・RISE WORLD SERIES 2019 (58kg級)
・初代RISE世界フェザー級
・第6代RISEバンダム級
・BLADE FC JAPAN CUP 55kg 2015
・RIZIN KICK ワンナイトトーナメント(57kg)
・ISKAオリエンタルルール 世界バンタム級王
・ISKAフリースタイルルール 世界フェザー級

出典:https://rise-rc.com/fighter/nasukawa_tenshin

          武尊
・第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級
・初代K-1 WORLD GPフェザー級
・初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級
・初代Krushフェザー級王者

出典:https://www.k-1.co.jp/fighter/64/

那須川天心選手はベスト体重である55kg以外にも57、58kgなど、幅広い階級で試合をしていますね。

武尊選手はスーパーバンダム級(55kg)、フェザー級(57.5kg)、スーパーフェザー級(60kg)でプラスマイナス5kgと、より幅広い階級を経験してます。

 

試合当日のラウンドルールは?

6月19日「THE MATCH 2022」試合当日はワンキャッチ・ワンアタックありのキックボクシングルールで、ラウンド数が3分3R+延長1Rになってます。

延長Rは延長Rの内容のみをマストでジャッジし、どちらかに必ず優劣をつけることとなります。

また、前日契約体重が58kgで、当日計量が試合3時間前まで戻し体重は4kgまでとなっています。

このルールの決定について武尊選手は「決まったルールに合わせて調整していくだけなので。僕が言った“完全決着ルール”は、この試合で出来ることが決まったので嬉しいし、天心選手が会見で言いましたが、“延長に行く必要のない試合をすればいい”だけなので、3分3Rの中でKOで倒します」と意気込みを語っていました。

お互いのリング上での気迫やスピード、打ち合いが楽しみで仕方ありません!

 

那須川天心と武尊どっちの重量が試合に有利?

前日の契約体重は58kgとなっています。

普段の適正体重からいくに、天心選手はベスト55kgで戦っているので体重を増やすのに対して、武尊選手は、スーパーフェザー級で60kgなので逆に体重を減らして試合に臨む必要があります。

普段の試合で戦う時より2kgも落とすというのは武尊選手にとっては、きつい状況になると思われます。

ボクシング選手を例にすると、フェザー級の選手が2㎏減量して戦った際に、全然実力が発揮されなかったというパターンがあったそうなのでそれほど減量しての試合は結果にも左右すると思います。

しかし、体格・階級で見るとやはり、武尊選手の方が普段重い階級でスパーリングや試合を経験しているのに対して、天心選手は重量級のパンチを経験していないと思うので、武尊選手に分があるのかなと感じます。

また、武尊選手は非常に打たれ強い選手なので、下の階級である天心選手のパンチに対してはより有利なのかなと思います。

なので、前日、当日の契約体重をうまく乗り越えられれば武尊選手の重量の方が試合に有利だと思います。

 

那須川天心と武尊の強みは?

       那須川天心
スピードとキレが半端ない
・打たせずに打つスピード
・速いのみならず、狙った攻撃をパンチでもキックでも的確に当てることができる高い技術力
・攻撃の組み立て方がうまい
・天性のカウンター力

        武尊
パワーと前に出ていく圧力が半端ない
・パワーだけでなく、相手に打たせないディフェンス力
・圧倒的打たれ強さ
・パンチの連打の速さ・強さ

天心選手はとにかく、スピードとキレがすばらしく、ハイキックでもKOを連発しているくらいその精度が高いです。

一方武尊選手は、圧倒的なパンチ力・パワーと攻め続けて前に出ていく圧力で、打ち合いにも強いです。

ファイトスタイルとしては、結構両極端な感じなので試合では、どういう展開になっていくのかが楽しみですね!

 

格闘家たちの勝敗予想は?

朝倉未来
朝倉未来
天心の1ラウンドKO勝ち。判定の場合は、武尊勝利。勝敗を分けるのは「タイミング」。
皇治
皇治
天心有利。塩試合になる。
魔裟斗&武蔵
魔裟斗&武蔵
3ラウンドなら天心判定勝ち、5ラウンドなら武尊KO。ポイントは「体重」と「ラウンド数」。
京口紘人
京口紘人
3ラウンドなら天心判定勝ち、5ラウンドなら武尊KO。
渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則
渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則
スピードを活かせば天心勝利。最近の試合を見ると武尊優勢。
堀口恭司
堀口恭司
判定でもKOでも天心の勝利。天心がカウンターを合わせるか、武尊がカウンターを貰わず攻めきるか
大沢ケンジ
大沢ケンジ
2ラウンドで天心のKO勝ち、5ラウンドなら武尊勝利。不安要素もあるが、天心がカウンターで決めるのでは。
久保優太&久保賢司
久保優太&久保賢司
3ラウンドの場合、天心の判定勝ち。激闘の展開にはならず、判定に。
亀田史郎
亀田史郎
ラウンド数に関係なく、武尊勝利。武尊が根性で天心を圧倒する。
芦澤竜誠
芦澤竜誠
武尊勝利。1ラウンド目から圧力掛けて終盤で倒す。

全体的に天心選手が勝つと予想する声が多いですね!

天心選手の持ち前のスピードを生かして、3ラウンド以内に決着がつくのか、武尊選手の根性、前に攻め続け打たれ強さをもって決着がつくのか激闘の末の勝敗結果が本当に予想がつかないくらいです。

 

まとめ

今回は、 那須川天心と武尊の体重差と階級は?どっちの重量が試合に有利?についてご紹介してきました。

両選手、体重差階級差がある中での試合は調整も含めて、大変なのだと思う一方で階級があるのがスポーツとして、格闘技の面白いところでもあるのかなと感じました。

普段、格闘技は階級が定められていて今回のような体重差や階級の違いがあるもの同士交わることのない世紀の一戦なので、試合当日を楽しみに待っていたいと思います!

以上、 那須川天心と武尊の体重差と階級は?どっちの重量が試合に有利?を最後までご覧いただきましてありがとうございました。

すこしでもお役に立てれば、嬉しく思います!